メッセージ

今後も大西コルクは
あらゆるお客さまのニーズに応え続けていきます。

おかげ様をもちまして、私たち株式会社大西コルク工業所は創業より90周年、設立より70周年の節目を迎えることができました。これもひとえに地域の皆様、お取引先の皆様、協力会社の皆様のご支援の賜物と厚く感謝いたしております。

社名の通り創業は炭化コルクの製造から始まり、時代の流れと伴に発泡スチロールの成形、射出成形と事業を展開してきました。これからも、時代の変化に合わせ、皆様のご要望、ご期待に添える「ものづくり」を進めて行きたいと思っております。

次の100周年、150周年を迎えられるよう、社会と共に成長し続けるよう新たな気持ちで、全社一丸となって精進していきますので、今後とも何卒倍旧のご指導ご高配を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 大西洋輔

周年ロゴの想い

明るく華やかに、
今後の10年20年を見据えて
右肩上がりに成長するように。

次の100年目を目指し、これからも
弊社とお客様の未来を咲かす花をイメージしております。

大西コルクの歩み

  • 1928年 4月 大西甚之介商店創業。コルク栓、パッキン、ヂスク等の製造開始。
  • 1948年 5月 (有)大西コルク工業所設立、炭火コルク板製造開始。
  • 7月 大阪営業所を開設。
  • 1956年 8月 福岡営業所を開設。
  • 1957年 3月 (株)大西コルク工業所に組織変更。
  • 1958年 9月 発泡スチロール成形事業開始。
  • 1963年 2月 東京営業所を開設。
  • 12月 取締役社長に大西五一就任する。
  • 1964年 3月 営業部門を分離し大西化成興業(株)を設立、大阪、東京、福岡、清水の各営業所を新会社に譲渡し本社を大阪営業所に置く。
    取締役社長に大西甚太郎就任する。
  • 1967年 5月 大西化成興業(株)より福岡営業所を大西化成(株)に、東京営業所を大興化成商事(株)に、清水営業所を大西化成興業所に各々独立分離。
  • 1971年 10月 プラスチック射出成形機の導入、生産開始。
  • 1972年 7月 輸送部門を大西合同運輸(株)として分離。
  • 1975年 4月 鳥取事業所設立、生産開始。
  • 1977年 8月 鳥取事業所を鳥取大西コルク(株)に独立分離。
  • 1998年 6月 会長に大西五一、取締役社長に大西豊就任。
  • 2005年 3月 大阪工場全面リニューアル。
  • 2012年 6月 ビーズ法ポリスチレンフォーム保温材「JISA9511」認証取得(登録No.TC0512001)。
  • 2016年 2月 取締役会長に大西豊 代表取締役社長に大西洋輔 就任